安価に出来るPV制作事例

構成案の起案方法 実質制作費は10万円以下で可能なコンテンツである。 まず、動画のストーリーに当たる構成台本を作成する。 当該PVは30秒程度の尺を想定しているので、A4で一枚程度で事足りる。 構成台本の形式は基本自由であるが弊社は左側にイメージコンテ、右側に内容のプロットを書くようにしている。 当該PVではコンテ割りは5枚である。それぞれのコンテに対してプロットが横に付くような形である。

動画の制作費について

最近ではPR広報について動画を制作する企業が増えてきている。ひと昔前まではホームページのみといった企業が多かったが、最近では商品プロモーションの動画を制作してYouTubeその他SNSで配信する又は自社ホームページの中に動画を組み込むなどの用途が増えてきている。 では実際に自社で動画を初めて制作する場合「費用はいくら?」と戸惑う企業も多いのではなかろうか。 一口に動画制作といっても種類が多岐にわたる。主な動画ジャンルだけでも以下のような種類がある。 会社案内動画 インタビュー撮影 商品プロモーション 行事・イベント撮影動画 取扱いマニュアル動画 テレビCMなど。 ではそれぞれの制作費用はいくらかと言われれば動画制作会社のほとんどは以下の通り提示するのが一般的である。 会社案内動画 10万円~50万円 インタビュー撮影 3万円~20万円 最近ではPR広報について動画を制作する企業が増えてきている。ひと昔前まではホームページのみといった企業が多かったが、最近では商品プロモーションの動画を制作してYouTubeその他SNSで配信する又は自社ホームページの中に動画を組み込むなどの用途が増えてきている。 では実際に自社で動画を初めて制作する場合「費用はいくら?」と戸惑う企業も多いのではなかろうか。 一口に動画制作といっても種類が多岐にわたる。主な動画ジャンルだけでも以下のような種類がある。 会社案内動画 インタビュー撮影 商品プロモーション 行事・イベント撮影動画 取扱いマニュアル動画 テレビCMなど。 ではそれぞれの制作費用はいくらかと言われれば動画制作会社のほとんどは以下の通り提示するのが一般的である。 会社案内動画 10万円~50万円 インタビュー撮影 3万円~20万円 商品プロモーション 5万円~30万円 行事・イベント撮影動画 3万円~15万円 取扱いマニュアル動画 5万円~20万円 テレビCM 300万円以上数千万円まで このような提示ではクライアントからすれば参考になりにくく下限と上限の差額をさらに問い合わせる必要があるのではという答えが多数であろう。テレビCMに至っては怖くて見積もりの依頼もしづらいというのが担当者の本音ではなかろうか。次項より各ジャンルごとの制作費について見ていくことにする。

page top