HOME  >  映像制作とその活用法やメリットについて  >  旅行に行きたくなる映像制作

旅行に行きたくなる映像制作

旅行がしたくなる動画をつくろう

観光客を増やすためには、旅行に行きたいと思わせるような映像制作をしましょう。
近年、旅行客の誘致活動において映像制作に取り組み、動画マーケティングをする企業が増えてきました。
さらに日本国内だけでなく、世界中に何百人と存在している潜在旅行客は、旅行の際に役立つ面白い情報を求めています。
スマホやタブレットが普及し、動画の視聴は日常的なものになってきましたが、旅行に関しても例外ではありません。
また、日常的に動画を視聴している旅行者の97%は1ヶ月以内に動画を視聴しており、旅行を計画する段階から目的地、宿泊場所まであらゆるシーンで動画がみられているのです。
観光地やその土地の魅力を伝えるだけでなく、移動手段や宿泊場所など、実際に旅行したときに役立つ情報を動画に取り入れると、旅行に行きたくなる映像制作ができるでしょう。


旅行がしたくなる動画をつくろう

パンフレットよりも魅力が伝わる映像制作

旅行会社のパンフレットを見て旅行に行きたくなる人が多いですが、映像制作をすることで旅行のイメージをより明瞭になります。 写真やテキストだけでなく実際に動いている映像を見ると、よりインパクトが大きく、ナレーションが入っていると、与える情報量も格段に増えるというメリットがあるのです。 単に旅行プランの内容や、土地を紹介するのではなく、興味のある旅行先の情報を知りたいという人や、映像を見たいという人たちのニーズに応えた映像制作をする必要があります。 旅行に行ってみたくなる動画の事例があります。
そのひとつは、イタリアのランペドゥーザ島を紹介している動画です。
浅瀬の海底に船の影が映って浮いているように見える景色を撮影し、不思議な感覚になります。
この動画を視聴した人は、実際に体験してみたいと思うでしょう。
さらに、アジアの魅力が伝わる動画もあります。
世界遺産を中心に紹介し、アジアの深い歴史を感じさせる動画になっています。
ホテルでの過ごし方なども紹介もすると、実際に旅行をしたときのイメージがつきやすくなるでしょう。
2020年の東京オリンピックに向けて、これまで以上に日本に訪れる旅行客が増えると予想されます。
海外からの旅行客に対して日本の魅力を伝える手段のひとつとして、映像制作を検討してみてはいかがでしょうか。


パンフレットよりも魅力が伝わる映像制作

page top