HOME  >  映像制作とその活用法やメリットについて  >  鉄道会社にメリットを生む映像制作

鉄道会社にメリットを生む映像制作

車内で配信されている映像の効果

映像を多くの人に視聴してもらうには、テレビやwebといったメディアを活用すると効果的ですが、テレビやwebについで接触率が高いメディアは鉄道です。
接触率の高さから、近年、電車内で配信されている映像が注目を集めています。
通学や通勤などで鉄道を利用する人が多く、毎日接触させることができる電車内の映像は視聴率、広告到達率、広告関心度、購入意向喚起度が高いことがわかっています。
また、時間帯や路線を選ぶことでターゲットを絞ることも可能です。
電車内で中吊り広告もありますが、車内で配信されている映像は動きがあるため、見入ってしまうでしょう。
情報の豊富さにより、利用シーンや映像内容を理解しやすく、商品やサービスにおける理解や信頼を獲得することが可能です。
鉄道会社も電車内で配信する効果的な映像を制作してみてはいかがでしょうか。


車内で配信されている映像の効果

社員の安全教育を映像で行う

車内で配信するマーケティング映像だけではなく、安全教育の一環として映像制作している鉄道会社があります。
鉄道会社が事故の危険性を伝えて、社員安全意識を向上させるための映像制作です。
東日本旅客鉄道株式会社では、映像制作にVR技術を用いています。
映像の内容は鉄道の三大労災とされている触車、墜落、感電のうちの触車と墜落に関する4つの事故を再現したものです。
視聴するためには、VR視聴機器にスマホをセットしてアプリからVRコンテンツを再生します。
スマホがあれば社員を集めて研修を行う必要がなく、社員それぞれの職場で疑似体験ができるのです。
VR技術を活用すると事故をリアルに体験することができ、安全意識をより強めることができます。
VRを取り入れた映像制作をして、事故の危険性を再認識してもらい、社員の安全意識を向上させる取り組みをしてみてはいかがでしょうか。
社員の安全意識が高まると、利用者の信頼度も高まります。
また、安全教育がしっかりしていることがわかれば、新入社員が増えるきっかけとなるかもしれません。
場所を問わずに視聴することができ、水平展開がしやすいVR映像は様々なメリットがあります。
鉄道会社はVR技術を活用して映像制作をしてみてはいかがでしょうか。


社員の安全教育を映像で行う

page top