HOME  >  映像制作とその活用法やメリットについて  >  自動車産業を盛り上げる映像制作

自動車産業を盛り上げる映像制作

自動車の魅力を伝える映像制作

プロモーション映像の制作を検討している企業もあるのではないでしょうか。
映像を制作する際は、企業や業界の魅力が伝わるようにつくらなければなりません。
そして、ターゲット層となる視聴者の購買心理を考えることも非常に大切です。
自動車産業では、自動車を購入する人はどんな人なのか、どういう理由で自動車を購入するのかを考え、映像制作をする必要があります。
テレビのCMやネット上で配信されている自動車産業の映像の多くは、単に自動車を宣伝しているのではなく、その自動車に乗ったときの体験を視聴者に伝えているでしょう。
視聴者がその自動車を購入したいと思わせるためには、プロモーション映像で視聴者を虜にさせるようなものでなければなりません。
そう考えたとき、自動車産業の映像制作は自動車そのものというよりも、どのようなライフスタイルをイメージするかが重要になるのではないでしょうか。


自動車の魅力を伝える映像制作

自動車産業における映像制作のポイントとは

自動車産業における映像制作のポイントの一つは、照明です。
生産ラインから出てきたときのように、自動車は純真無垢に見えなければなりません。
照明を頭上から当てて、自動車を光輝かせましょう。
照明次第で、第一印象を良くすることが可能です。
自動車のプロモーション映像を最も良く演出するために、パンとグライドショットのバランスもポイントになります。
程よいバランスで取り入れましょう。
そして、ドリーを使用して滑らかなグライドにすると、視聴者は自動車の詳細を見ることができます。
さらに、最も重要なポイントは、路上で撮影することです。
車を路上に持ち出し、現実の環境下で撮影すると自動車の持ち味を引き出すことができるため、視聴者がその自動車を運転している自身のイメージがしやすくなります。
また、中古車販売におけるプロモーション映像では、またポイントが異なります。
中古車の魅力の一つは安いということが挙げられますが、単に安さをアピールするのではなく、このようなオプションがついている自動車がありますや、珍しい中古車がありますといったことを紹介するような映像制作が良いでしょう。


自動車産業における映像制作のポイントとは

page top