HOME  >  映像制作とその活用法やメリットについて  >  ストーリー性を意識した映像制作

ストーリー性を意識した映像制作

視聴者を飽きさせない映像制作

採用数やダウンロード数、契約数、購入数など企業によって獲得したいものは異なりますが、コンバージョン数を増やすためには、映像制作に工夫が必要です。
映像制作をする際は、ストーリー性を意識しましょう。
動画は様々な用途で活用しますが、見ている人が飽きてしまうようなものでは制作した意味がありません。
見ている人を飽きさせない映像制作をするためには、ストーリー性が重要です。
起承転結がある動画は、次の展開を期待するため、飽きることがないでしょう。
そのため、ある程度長い動画であっても、起承転結があると視聴者は見続けることができます。
その動画に起承転結の構造をいくつも持たせることで、飽きさせない動画に仕上がるのです。
ストーリー性を意識し、最後まで動画を視聴してもらえる映像制作をしてみてはいかがでしょうか。
最後まで視聴してもらえる映像制作をすることで、コンバージョンが高まる動画に仕上がります。


視聴者を飽きさせない映像制作

起承転結を意識した動画をつくろう

ストーリー性を意識した映像制作では、ブランディング中心で、2分程度の尺が必要になり、実写がポイントです。
また、トレンドやユーモア、プロダクトの強さも意識する必要があります。
一般的に動画の視聴中の離脱率は、内容に関わらず15秒で2分の1減り、30秒で3分の2が離脱すると言われているのです。
離脱させないためには、15秒から30秒の間が重要になるでしょう。
ストーリー性を取り入れて次が気になるという感情も大切ですが、タイミングも重要と言えるのではないでしょうか。
映像制作の知識やスキルがない人が自分で制作しようとすると、どうしても平坦な内容になりがちです。
ストーリーの始まりは、この動画の意図は何か、制作するきっかけは何なのかを瞬時に視聴者へ理解させましょう。
そして、ストーリーが始まったら、ストーリーを展開していきますが、大きく展開されると視聴者の理解力がついていきません。
よくある展開は問題意識です。
トラブルが発生し、解決策を視聴者が考える構成にすると良いでしょう。
次に、クライマックスへの期待を煽り、問題への解決策を提示します。
最後は、テーマを具体的に示し、余韻を残すとストーリー性があり、視聴者を飽きさせない映像制作ができるのです。


起承転結を意識した動画をつくろう

page top