HOME  >  映像制作とその活用法やメリットについて  >  色彩効果を活用した映像制作の魅力

色彩効果を活用した映像制作の魅力

色彩効果とは

映像制作をする際は、色彩効果を活用してみてはいかがでしょうか。
色彩効果を活用することで、人の気分を変えたり、人に与える雰囲気やイメージが異なったりするのです。
視覚的効果を狙った映像制作には、色彩効果が欠かせません。
企業紹介やリクルートのための動画は、その企業のイメージカラーを活用します。
また、商品のイメージからも活用することで、コンセプトを表現することが可能です。
例えば、暖色と寒色では、暖色の方が暖かく感じるでしょう。
さらに、距離も色彩効果の1つです。
色によって感じる距離が異なります。
赤と青では、赤の方が手前に感じますが、色によって距離が違って感じる理由は、色からでている波長が関係しているのです。
赤は波長が長く、青は波長が短くなっており、波長が長ければ長いほど手前に感じます。


色彩効果とは

ターゲットを明確にして適切な配色を決める

重さも色彩効果が関係しています。
明度が高い色には軽い、柔らかい、大きいと感じ、明度が低い色は重い、硬い、小さいと感じるのです。
そして、気分も異なるでしょう。
彩度が高く鮮やかな暖色は興奮を感じさせ、反対に彩度が低い寒色は落ち着きを感じさせるといった色彩効果があります。
色彩効果を上手く活用して映像制作をすると、人の目に留まりやすくなり、印象に残る動画に仕上がるでしょう。
映像制作で色彩効果を活用するためには、ターゲットを明確にしてください。
それは、ターゲットによって与えたいイメージが異なるからです。
高齢者がターゲットであれば落ち着いたイメージ、若い人であれば興奮を感じさせるイメージなど、適切な配色を考えなければなりません。
どのような人にも興味を引き立てる映像制作をしたいと考えますが、欲張って制作した動画では内容にまとまりがなくなります。
まずは、ターゲットを明確にして、効果的は色を決めていくことが大切です。
色彩効果は人の心に影響するため、上手く色彩効果を活用し、効果的な動画をつくりましょう。
特に、広告用の映像制作では短い動画で多くの人の興味、関心を引くものをつくらなければなりません。
色彩効果を活用して映像制作すると、広告効果も高くなります。


ターゲットを明確にして適切な配色を決める

page top