HOME  >  映像制作とその活用法やメリットについて  >  高齢者の介護施設で活用する映像制作

高齢者の介護施設で活用する映像制作

介護施設の魅力は動画で伝えよう

日本では高齢化が進み、それに伴って老人ホームなどの介護施設が増えています。
介護施設の経営は、今後さらに競争が激化していくでしょう。
経営者の中には、入所者数が増えずに頭を抱えている人もいるのではないでしょうか。
高齢者や、その家族は介護施設を選ぶ際に、webサイトで検索をして情報収集していることが多いです。
そのため、介護施設側はwebサイト上で、施設の魅力を伝えられるかどうかが重要なポイントになります。
施設内の写真掲載や、サービス内容を言葉で説明しているwebサイトが目立ちますが、写真や文章では伝えきれない魅力もあるでしょう。
映像を活用すれば、写真や文章では伝えきれない情報や魅力を伝えることができるため、効果的です。
高齢者の入所者を獲得したい介護施設は、魅力が伝わる映像制作を検討してみてはいかがでしょうか。


介護施設の魅力は動画で伝えよう

映像制作のポイント

映像制作のポイントは、よりリアルに雰囲気や魅力が伝わる動画を制作することです。
バリアフリーなどの設備が整っている様子や、どのように介護をするのかといった部分を動画で見せると、入所者もその家族も安心することができます。
リアルさだけでなく、高齢者が入所したいと感じられるポイントをつくるのも、映像制作では大切なことです。
例えば、あたたかみを感じるような場面や、いきいきと明るい雰囲気が伝わる映像制作をしましょう。
このような映像制作をすることで、入所者の増加につながるはずです。
介護施設といっても、それぞれの施設には特徴や魅力が異なります。
そのため、その介護施設特有の魅力が伝わる構成にしなければなりません。
また、動画を撮影するカットやアングルも重要です。
角度や日当たりによって、印象が大きく異なります。
スタッフや入所者の表情、動きを考慮して安心感を与える動画を撮影しましょう。
映像制作は自分でも行うことができますが、ただ撮影したものをまとめるだけでは、魅力が伝わらず、イメージダウンになる可能性があります。
そのため、演出や映像制作のテクニックが必要です。
介護施設の映像制作は、専門業社に依頼することをおすすめします。


映像制作のポイント

page top