HOME  >  映像制作とその活用法やメリットについて  >  医薬品の作用を伝える映像制作

医薬品の作用を伝える映像制作

医薬品の作用は動画を活用して説明しよう

医薬品をプレゼンする際に、パワーポイントや資料を作成して説明をする企業も多いでしょう。
しかし、言葉では説明が難しく伝わりにくいことが多く、言葉やグラフですべてを説明していると、プレゼン時間内におさまらず、内容を省くと伝えたいことがしっかりと伝わらないことがあります。
医薬品のプレゼン用として映像制作をしてみてはいかがでしょうか。
作用などをしっかり伝えることができるでしょう。
医薬品の作用を説明する映像制作をすると、体の中でどのような働きをしているのかをシンプルに要点だけをわかりやすく説明することができ、効率的です。
ただ、医薬品の作用を説明する映像制作だけでは、効果的な動画にはなりません。
映像制作のポイントを知っておきましょう。


医薬品の作用は動画を活用して説明しよう

動画制作のポイント

医薬品の作用を説明する映像制作の際には、「わかりやすさ」を優先するか、「正確さ」を優先するかを分けて構成することがポイントです。
医薬品など、医療に関わる仕事においては、正確に伝えることが最も大切なことですが、正確さのみにこだわってしまうと、わかりにくい動画となってしまうでしょう。
プレゼンでは正確に、わかりやすく説明することが重要であるため、二部構成にします。
前半には、感覚的に理解しやすい映像制作、後半で医薬品の作用を正確に伝える内容にすると、効果的です。
医薬品の作用を説明する際は、短時間で商品の魅力を伝えなければなりません。
そのため、長い動画では最後まで見てもらえない可能性があります。
短い動画で、一目でわかる内容に工夫しましょう。
製薬会社は、自社の医薬品に自信を持って説明しますが、医者は何社も製薬会社の説明を受けているため、分かりやすく他社との違いや、商品の効能が説明されている必要があるのです。
わかりにくいものや、見えないものは人に不安感を与えます。
言葉で表現するよりも動画で直接的に、直感的に見せる方が医者も安心できるでしょう。
医薬品の作用は、ミクロの世界になるためカメラでは撮影できません。
自社で映像制作をしようと検討している企業もありますが、難易度の高い分野だからこそ映像制作の専門業社に依頼することをおすすめします。


動画制作のポイント

page top