HOME  >  映像制作とその活用法やメリットについて  >  VRを活用した映像制作とは

VRを活用した映像制作とは

リアルを体験できるVR

これから映像制作を検討している企業は、VRを活用してみてはいかがでしょうか。
VRという言葉を聞いたことが多い人も多いでしょう。
VRとは、ヴァーチャルリアリティのことです。
専用機材も安くなってきており、手軽にVRを活用して映像制作ができるようになってきています。
VRを活用する魅力は、没入感を与えることができることです。
存在しないものを実際に存在しているかのように、表現することができます。
ただリアルに感じるだけではなく、360度楽しむことができるため、臨場感も得られるでしょう。
FacebookやSNSで、VRを活用した動画を見たことがある人もいるのではないでしょうか。
企業や商品、サービスのプロモーション映像としてVRを活用した映像制作をしている企業も少なくありません。
実際に、サンフランシスコの動画メディアではVRを活用した広告動画の方が通常の動画広告よりも視聴率が高いという結果が出ており、広告効果も大きいです。
今後もVRを活用した動画が増えていくでしょう。


リアルを体験できるVR

VRを活用した動画

VRは、どの業界にも活用することができます。
例えば、不動産業界です。
部屋を借りる前に内覧を希望する人が多いですが、引っ越す直前まで人が住んでおり、内覧ができない、遠方に住んでいるため見に行けない場合があります。
そのような際に、VRを活用した動画を制作すると、実際に足を運ばなくても内覧ができるのです。
写真だけではわからないことも、VRであればわかりやすいでしょう。
内覧ができないから候補から消すようなことがなくなり、また内覧の手間を省けることで従業員の負担が減ります。
自動車業界もVRを活用した動画があり、販売現場でも活用され、普段見ることができないパーツなど視聴が可能です。
販売現場では狭いスペースであっても仮想空間の中であるため、自動車を何台も見ることができます。
在庫の削減になるでしょう。
アパレル業界は、ネット通販に掲載している写真や説明ではわからないこともVRを活用することで、リアルさを伝えることができます。
様々な使い方ができるVRの良さを活かして、映像制作してみてはいかがでしょうか。


VRを活用した動画

page top