HOME  >  映像制作とその活用法やメリットについて  >  映像制作における表現力について

映像制作における表現力について

文字や写真より伝わりやすい動画

企業のブランドや商品、サービスを多くの人に知ってもらうために映像制作をすることがあります。
近年、スマホやタブレットが普及し、誰でも動画を視聴できる環境が整っています。
文字や写真のみでアピールするよりも動画にはインパクトがあり、注目や関心を集めやすいといった特徴がありますが、ただ映像制作をするだけではブランドや商品、サービスの良さが伝わるとわけではありません。
映像制作を検討している企業は、文字や写真では伝えられない動画の表現力について知っておきましょう。
表現力の違いの1つに、分かりやすさといったポイントがあります。
文字や写真は、人によって受け取り方や印象が異なる場合がありますが、動画であれば伝えたい情報、与えたい印象を確実に伝えることができる特徴があるのです。
年齢や性別、言語に関係なく理解してもらうことができるでしょう。
実際に、文字や写真と動画の理解度を比較した調査では、動画の方が結果として出ています。
しかし、伝え方を間違えるとわかりにくい場合もあるため、ターゲット層やコンセプト、伝えたい内容を明確にしましょう。


文字や写真より伝わりやすい動画

動画は印象に残りやすい

印象に残りやすいということも、動画の表現力の1つです。
CMで流れていたあの曲を聴くとあの商品やサービスが思い浮かぶといった経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。
文字や写真と比べて情報量が多い動画は、インパクトがあり人の記憶に長期間残りやすいです。
また、映像制作は方法次第で低コストで制作することができます。
アニメーションを使用し、VRなど様々な方法があるため、予算に合わせてブランドや商品、サービスの良さが伝わる動画をつくりましょう。
自社で映像制作をすることも可能ですが、動画の良さを最大限に活かし、効果的な動画をつくるためには映像制作のプロに依頼することをおすすめします。
綺麗な動画、面白いだけではなく、伝えたいターゲットにしっかりと伝わる動画をつくることが大切です。
動画の表現力を最大限に活かして、映像制作をしてみてはいかがでしょうか。


動画は印象に残りやすい

page top