HOME  >  映像制作とその活用法やメリットについて  >  行きたくなる!飲食店用の映像制作のポイント

行きたくなる!飲食店用の映像制作のポイント

動画を活用しよう

飲食店は、お客様の興味を惹き、訪れたくなるようなPRをする必要があります。
写真や文章だけでは、料理の美味しさやお店の雰囲気をすべて伝えることが難しいです。
webサイト上で、PRしている飲食店も少なくありませんが、魅力をより伝えるために、映像制作を検討してみてはいかがでしょうか。
動画は、写真や文字よりも情報量が多く、分かりやすいといったメリットがあります。
動画のメリットを活かせば、多くの人に「行きたい!」と思わせることができるでしょう。
飲食店用の映像制作にはポイントがあります。
ただ映像制作するだけでは、伝えたい内容が伝わらない可能性があるため、しっかりポイントをおさえましょう。
基本的なポイントは、タイトルに店名や場所を入れることです。
場所や店名が分からなければ、「行きたい!」と思っても、情報不足なためお店を訪れるまで行き着きません。
映像制作の内容にとらわれすぎず、基礎的なポイントはしっかり抑え、来店につながるように制作しましょう。


動画を活用しよう

映像制作のポイント

映像制作の内容については、おすすめの料理や特徴を紹介するのがポイントです。
他の飲食店と差別化にもなるため、お店の一番のうりや、雰囲気がよく伝わるように映像制作をしましょう。
ただ、雰囲気を伝えるだけではなく、ターゲット層を明確にすることもポイントです。
デートや会社の接待で利用してもらいたい場合は、おしゃれで高級感を出すと良いでしょう。
女子会であれば、宴会用などターゲットを明確にすることで、効果的な映像制作が可能です。
初めて飲食店を利用する際には、どのようなお店なのか不安に感じることがありますが、安心感を与えるためにも、お店で働くスタッフや調理している様子を映像制作の内容に盛り込みましょう。
多くの情報があることで、初めての人も来店しやすくなります。
動画には、スタッフによる飲食店の紹介など一言添えましょう。
また、「ここの料理が食べたい」と感じてもらうために、料理が完成するまでの工程や、出来立ての様子を撮影することもポイントです。
どのような料理があるのか、という単なる紹介だけでなく何の料理がどう美味しいのかを説明してみてください。


映像制作のポイント

page top