HOME  >  映像制作とその活用法やメリットについて  >  ドローンを活用した映像制作について

ドローンを活用した映像制作について

ドローンを使用した映像制作

最近、ドローンという言葉をよく耳にしますが、ドローンとは遠隔操作ができたり、自動制御によって飛行できたりする航空機です。
ドローンにデジタルカメラなどを取り付け、空撮をするのが主流になってきています。
ドローン撮影のメリットは、コストが低い点です。
低コストで空撮が簡単にできるため、企業や製造業の映像制作に用いられることが多くなってきました。
ドローンで撮影した映像は、日常では目にすることができない動画を撮影することができるため、スケール感や新鮮さ、驚きなどを視聴者に与えることができます。
ドローンを使用して映像制作をしてみてはいかがでしょうか。
ドローンを使用することで、簡単に撮影することができない場所でも簡単に撮影することが可能です。
例えば、企業の高層ビルから見下ろした景色や、中のオフィスの映像、広い工場を全体から撮影したり、川やダムなど人では撮影することが難しい場所を撮影したりできます。
ドローンに取り付けるカメラの性能も、高性能なものが多いためクオリティが高い映像制作ができるでしょう。 これから映像制作を検討している企業は、アイデア次第で面白い魅力的な映像をつくることができます。


ドローンを使用した映像制作

映像制作のプロに依頼しよう

ドローンを持っていれば自分で撮影をして、映像制作ができるとイメージがありますが、ドローンは国土交通省の許可が必要であるため、私有地であっても無許可でドローンにカメラを取り付けて飛行させることができません。
また、ドローンの飛行は周囲の状況を常に確認し、人や物に当たらないように一定の距離をキープしたまま飛行させなければなりません。
許可を得ることができても、映像制作のシナリオや絵コンテ通りに撮影することが難しいでしょう。
ドローンを見かけた通行人や警備員に通報されてしまう可能性があり、許可が下りていることを証明する必要があります。
そのため、ドローンを使用した映像制作は素人では難しいのです。
屋内であれば許可を得る必要はありませんが、障害物が多くなるため高い操縦スキルが必要になります。
ドローンを使用して映像制作をしたい場合は、映像制作のプロに依頼しましょう。


広告用として活用できる映像制作について

page top