HOME  >  映像制作とその活用法やメリットについて  >  人材教育のための映像制作

人材教育のための映像制作

教育を行き届かせる

新入社員や在籍している社員に対して殆どの企業が、企業ルール説明を含め、研修やそれぞれの仕事の教育を行っていきます。
これまでは、担当社員や講師が口頭で説明を行い、ある程度実践することで、身体で覚えていきました。
しかし、現在では研修を受ける人用に映像を制作し、映像制作を活用して研修を行っている企業が増えてきています。
まず、入社してからのオフィス内での決まりごとや、改めて企業のコンセプトを説明する場合にも、口頭で細かく説明するよりも、映像にまとめることで、言葉だけではない表現で伝えることができます。
また、仕事内容の教育を行う際に、講師やそれぞれ違う社員が行うと、説明の仕方や教える環境が異なることで、新入社員の中で差が出てしまう恐れがあるのです。
そのようなことを防ぐためにも、映像を使用して平等な教育が行き届くでしょう。
実際の仕事内容も映像に取り入れることでイメージが湧きやすく、抵抗なく実践に取り組むことができます。


教育を行き届かせる

社員教育・研修に映像を取り入れる

新入社員や社員に対して教育を行う際に、映像を活用することで平等な教育を行き届かせることができます。
さらにその他にも、映像を活用することで学習効率も上がり、効果を高めることができるのです。
操作するような製品を扱う際には、マニュアルなどの写真や文字での説明をするよりも、実際に動いている映像を見せることで、イメージをしながら覚えていくことができ、学習効果が高まります。
また、口頭の説明や、ただ映像を見ているだけでは集中力が継続しないこともあります。
しかし、映像にはBGMや効果音、CGもつけられるため、ただ説明されている映像を見るだけではなく、自然と興味を映像に向かせることが可能です。
そして、教育に映像を活用することは効率が上がるだけではなく、企業にとってもコストパフォーマンスが高いことも嬉しい点ではないでしょうか。
従来では研修や教育のために講師や、一度に説明を終わらすために別の会場を用意しなければならないなど費用が掛かっていました。
映像制作の際には費用は掛かるものの、映像を一つ作ることで繰り返し使用でき、大きな場所を借りることなく、個人で動画も見ることができるようになります。


社員教育・研修に映像を取り入れる

page top