HOME  >  映像制作とその活用法やメリットについて  >  新製品発表に欠かせない映像制作とは

新製品発表に欠かせない映像制作とは

社運も左右する新製品

製品を制作するような企業では、定期的に新製品を世に送り出さなければなりません。
新製品を発表する媒体にも種類がありますが、新製品発表のイベントや販促のために映像を制作するところもあるでしょう。
新製品は、その瞬間では会社の顔となり、社運を背負っているものでもあるため、きちんと新製品をアピールし、売上に繋げなくてはなりません。
そして、イベントで映像を流す場合は、映像のクオリティによってイベント自体の雰囲気が高まり、企業へのイメージも向上していきます。
一般向けの発表でも、企業向けに発表する場合も映像があることで、イベントでの進行が円滑にいくでしょう。
新製品の推したいことをきちんと説明することができます。


社運も左右する新製品

新製品を映像で紹介することで得られること

一般向けや企業向けに発表する際に、新製品の魅力が伝わらなければ意味がありません。
また、口頭や写真だけでの発表では、本来アピールしたい魅力や自分たちがイメージしていた雰囲気などが、上手く伝わらない恐れもあります。
そのために映像を活用して、新製品の発表を行うと良いでしょう。
映像ならば言葉では表しにくい、新製品のコンセプトやニュアンスが伝わりやすく、ダイレクトに企業や消費者に届きます。
また、新製品の魅力を口頭で説明していくと、長時間になってしまうことがあり、聞いている方にも飽きられてしまい、本来の魅力が伝えきれないかもしれません。
映像は伝えたいことを言葉だけではなく、短い時間の中で、音や動きによって多くの情報を伝えることが可能です。
発表する際にも口頭で説明する前に、一度映像を見てもらうことで補足程度の口頭説明で済むため、相手の印象にも残りやすくなるでしょう。
そして、映像を制作する際にも新製品のコンセプトにあった映像を制作しなければならないため、コストを惜しまず、プロの映像制作に任せることで新製品の魅力が詰まった映像ができます。


新製品を映像で紹介することで得られること

page top