HOME  >  映像制作とその活用法やメリットについて  >  決算説明会を円滑に進めるための映像制作とは

決算説明会を円滑に進めるための映像制作とは

決算説明会で企業の印象が変わる

決算説明会とは、企業が企業の業績や計画、戦略などを分析家や機関投資家に説明する会のことです。
年に2回、多くて4回ほど行われます。
一般的には、企業の会長や社長などトップにあたる人が報告や説明をします。
決算説明会の説明を聞く人は、企業のトップがどのような表情をして語っているのか、どのような考えのもと、この先進めていこうとしているのか、など数字に表れない雰囲気や自信を見ています。
決算説明会では、配布資料や内容、形式などで例年との変化をつけたり、プレゼンテーションのやり方を変えたり、トップの自信がみられると、企業がいい方向に変わっていこうとしていることを、アピールすることができます。
また、近年では決算説明会の内容を、インターネットで配信している企業が増えてきています。
決算説明会を成功させるためには、映像制作のポイントを把握することが重要です。

決算説明会で企業の印象が変わる

決算説明会を成功させる映像制作のポイント

映像は、視聴者に訴えたいことをダイレクトに伝えることができます。
また、言葉、聴覚、視覚の3つの要素が含まれている映像は、多大な情報を含みます。
そのため、映像を用いた動画は様々な場面で活用されており、その用途は幅広く、多種多様となっています。
決算説明会では、様々な人が集まるため、誰にでも理解できるものとして、映像制作を行うことが非常に有効です。
パワーポイントなどでプレゼンテーションを行うと、多くの人が集中し続けるのは難しく、分かりにくい、伝わりにくいこともあります。
決算説明会で映像を活用すると、音声も同時に視聴することができるため、理解を得やすいです。
決算説明会の映像制作は、無駄な構成をなくし、多くの人の興味を惹くものを制作するのがポイントです。
投資家が求めているものを、ダイレクトに得ることができる映像制作がポイントとなり、興味関心を持ってもらうことが大切です。
テクニックが必要な映像制作は、プロの業者に依頼すると良いでしょう。

決算説明会を成功させる映像制作のポイント

page top