HOME  >  映像制作とその活用法やメリットについて  >  情報量が増える映像制作の魅力

情報量が増える映像制作の魅力

人の記憶に影響をもたらす3Vとは

現在、会社案内や広告はネットサイトが主流となっています。
映像の有無により、競合他者に勝てるかどうかが決まると言っても過言ではありません。
他社との違いをどのようにつけていくのかが、大きなポイントとなります。
映像制作には3Vの法則というものがあります。
3Vとは「Verbal」言語、「Vocal」聴覚、「Visual」視覚のことで、人の記憶に影響をもたらす重要な要素です。
動画には文字、音、映像の3つの要素に人の記憶に訴える情報が入っており、テキストのみの情報量、写真のみの情報量の約5000倍あると言われています。
目で見る情報は、短時間で多くの情報を伝えることができ、人の記憶に残りやすく、人の心を動かすことができるので、映像を通じて会社案内や商品のプロモーションをする事は、高い効果や利益につながっていくでしょう。

人の記憶に影響をもたらす3Vとは

映像制作の魅力

多くのwebサイトには、人を紹介するコンテツがあります。
例えば、社長、社員のメッセージです。
webサイト上で、人を紹介する際に写真やテキストのみで構成されていることが多いですが、そこに動画を用いることで印象が大きく変化します。
どのような会社なのか、どんな人が働いているのか、など不安を持っている人が多く、その不安を取り除くために映像制作が役に立つのです。
また、人の紹介だけではなく、映像で自社商品の魅力を伝えることができます。
最近では、インターネットでの買い物をする人が増えてきており、非常に便利な反面で、商品を手に取ってみることができないというデメリットがあります。
そのデメリットを映像制作によって、解決することができます。
写真やテキストでは伝えられない商品の魅力を、映像で伝えることができるでしょう。
映像を使用することで、的確でわかりやすい情報を大量に短時間で伝えることができます。
人や商品の魅力を伝える手段のひとつとして、映像制作をしてみてはいかがでしょうか。
映像の活用はビジネスをするうえで、大きな力となり非常に役に立つでしょう。

映像制作の魅力

page top