HOME  >  映像制作とその活用法やメリットについて  >  映像制作に必要な機材の揃え方

映像制作に必要な機材の揃え方

映像制作のための機材の種類と予算

映像制作に使われる機材はたくさんあります。
ここでは具体的にどんな映像制作の機材があるか、見てみましょう。
まずはカメラです。
カメラには、スローモーションカメラ、アクションカメラ、360度カメラ、ドローンカメラ、デジタル一眼レフカメラ、水中カメラなどがあります。
続くレンズにも、広角レンズ、魚眼レンズ、望遠レンズ、マクロレンズと様々な種類があります。
さらに、グラフィック機材、ブルーバックといった機材もあります。
もちろんこれらを全部揃える必要はなく、どのような映像制作をするかによって、様々な機材の選択肢があります。

映像制作のための機材の種類と予算

映像制作の機材を揃える方法とポイント

もし映像制作の機材を個人で揃えたいなら、機材はわざわざ購入するには高いので、レンタルがおすすめです。
しかし、借りるときはその業者がベストかどうかをしっかり確認しましょう。
特に、グラフィック機材などはかなりたくさんの構成部分から成っているため、選んだ業者が利用者から高い評価を得ているかどうかを確認したほうが良いでしょう。
グラフィック機材を借りるのは大きな責任を伴います。
もしトラブルが起きて、その責任が自分にない場合でも、機材に生じた様々な損害に対して責任を求められることもあります。
つまり、一番口コミが高評価の業者から借りるのがベストということです。
しっかりと調査をしましょう。
また、同じ機材一つをとっても能力はそれぞれ違うので、自分に必要な内容かどうかもしっかり確認しましょう。
グラフィック機材を借りるのであれば、プロセッサーの能力もピンからキリまであります。
映像編集、特に大量の映像を編集する場合は、手に入れることができる最上のプロセッサーが必要になります。
予算によって使用できる処理レベルが決まるので、大きな映像制作プロジェクトを遂行していて予算が少ない場合は、プロセッサーが一番考えるべき大切なポイントであり、プロセッサー以外のもので費用を抑えなければなりません。
もし大量の映像編集作業を行うタスクにプロセッサーが足りない場合、プロジェクトが失敗する場合があります。
大量の編集作業が必要なら、十分な処理能力があることを確かめましょう。
そうは言っても、やはり映像制作の機材をすべて自分で揃えるのはかなりの時間と手間がかかります。
そんなときは、ぜひ株式会社エディワースクリエイツをご利用ください。

映像制作の機材を揃える方法とポイント

page top