HOME  >  映像制作とその活用法やメリットについて  >  映像制作における色の心理効果

映像制作における色の心理効果

印象に残る映像制作

映像制作で大切なのは、ビジュアルや音声、ストーリーなど、視聴者に刺激を与えることです。
視聴者が、企業のことや商品、サービスについて興味を持ち、企業へのお問い合わせや購買意欲の向上などに結びつくような映像を作らなければいけません。
映像制作をするうえで、色は効果的に視聴者に刺激を与えることができます。
人は、目に映る色から無意識に心理的な影響を受けます。
見る者の感情や、潜在的な判断などを左右するほどの力を持っているのです。
そのため、映像制作においては色の使い方次第で、視聴者に与える影響を変化させることが可能です。
しかし、世の中には、様々な映像で溢れているため、より人の興味をひくことができる映像制作を行わなければ、印象に残すことができません。
とはいえ、ただ目立つことだけを重視した映像では、視聴者にマイナスなイメージを与えてしまうこともあります。
視聴者の関心や興味をひくために色の心理的効果を利用しましょう。

印象に残る映像制作

色の心理的効果とは

普段の生活の中で印象に残る映像には、色の心理的効果を意識して作られているものが多いです。
短い時間で視聴者の関心や興味をひく映像制作を行わなければいけません。
そこで、色の心理的効果を意識すると、短くても視聴者に刺激を与える映像になるのです。
色の心理的効果を映像で発揮させるためには配色が大切ですが、まずはアピールするターゲットをしっかりと定める必要があります。
色にはそれぞれ特徴がありますので、性別、年齢層、与えたいイメージなどのターゲティングをしっかり行うことで、配色が変わります。
例えば、男性は黒、女性は赤、若い人に対しては派手な色、年齢を重ねた人には落ち着いた色を使用すると効果的です。
年齢や性別で好みは異なりますので、映像制作でも訴求したいターゲットを絞り込む必要があります。
色は人の心理に大きく影響を与えますので、映像制作の際には色の心理効果を取り入れるといいでしょう。

色の心理的効果とは

page top