HOME  >  映像制作とその活用法やメリットについて  >  展示会用の映像を制作するときのポイント

展示会用の映像を制作するときのポイント

インパクトのあるものにする

展示会用の映像を制作するときのポイントとしては、インパクトのある映像にすることがポイントです。そのためには、見せたいものが何かを強調するとともに、他の部分は敢えて隠すなどのことをしてもいいでしょう。特に見せたいものはインパクトのあるものとすることが大切です。インパクトのあるものにするには、最新の映像制作技術を使うのも効果的です。最近ならVRという仮想現実の映像制作技術を使うのも効果的です。これは没入感といわれるぐらいのリアルさを持っているので、インパクトという点ではかなり大きなものがあります。展示会の内容にもよりますが、こうした最新技術もかなりインパクトのあるものとなるでしょう。また、プロジェクションマッピングというようなものもかなり大きなインパクトを演出することが出来ます。これも展示会の内容にもよりますが、使えるのであれば検討したい映像制作といってもいいでしょう。展示会の趣旨に合ったもので最大限に印象に残るような映像を作るのが見る方にも楽しくなるのでいいでしょう。

インパクトのあるものにする

多様な映像制作の技術で魅せる

今の映像制作の技術はどんどんと多様化しているので、その表現の仕方はまさに千差万別です。ひたすらリアルな映像にこだわった3DCG技術を駆使するのもいいですし、VRという仮想現実の映像制作技術で没入感にこだわるのもいいでしょう。また、墨汁による墨だけで映像を作るようなことも出来ます。展示会の目的や内容に沿っていろいろな選択をすることが出来るでしょうから、その目的に沿った形でいろいろな映像を制作するのがいいでしょう。同じようなものを表現するのでも表現の仕方というものがいろいろとあるということが分かると、さらに展示会の趣も深くなるものです。映像は見るだけで、感動をしたりすることが出来るものでもあります。その表現方法というのは一通りではなく、いくらでもあるものです。そのことが展示会の映像を見ることでわかるようなことが出来ればいいでしょう。見ていていろいろなものがあると、それだけでワクワクするものです。こうしたワクワク感が味わえるようなものとすることが映像制作のポイントでもあります。

多様な映像制作の技術で魅せる

page top