HOME  >  映像制作とその活用法やメリットについて  >  セミナー用の映像を制作するときのポイント

セミナー用の映像を制作するときのポイント

セミナー用の映像制作はわかりやすさがポイント

セミナー用の映像を制作するときはわかりやすくすることが大きなポイントです。セミナーでは出来るだけ映像を使うようにして、文字やテキストを避けるようにします。ただ、数字はわかりやすいので数字は使っていいでしょう。ただ、映像もわかりやすさを強調するものがいいでしょう。アニメーションなどを使うのもわかりやすくなります。動画などもいいのですが、動画の場合は情報量が多くなりすぎることがあるので、強調したいようなこと、多くの人に共通した認識を持ってもらうという意味では、アニメーションはかなり有効的な映像制作方法です。もちろん、グラフや絵というのもわかりやすいので大いに用いるべきです。基本的に誰が見ても分かるようにわかりやすくするのがベストです。内容を読まずに見ただけで伝えたいことが分かるというのがベストです。セミナーというと何か難しいようなイメージがありますが、人に分かってもらう説明会、若しくは多くの人に自分の同じ認識を持ってもらう会というように考えるといいかもしれません。

セミナー用の映像制作はわかりやすさがポイント

わかりやすいというのは最大の武器となる

セミナー用の映像を制作する上ではわかりやすさというものが最も大切なものとなると考えるべきです。よく内容が全てで、映像制作はどんなものでもいいと考える人もいますが、それは良くなくて、セミナーでは内容はともあれ、わかりやすさが最も大切なことだといってもいいぐらいです。というのは、セミナーは集まってきた人に情報を正確に伝えることが最大の目的ですから、これが正しく伝わらないようなことでは意味がないといってもいいぐらいのことになるのです。ですから、映像制作はわかりやすさというものを最大限に優先して作るようにします。そのためには、アニメーションや絵、グラフというものを多用することです。理想としては、だれが見ても一目で分かるというものです。ここのポイントは見てわかるというもので、読んでわかるや話を聞いて分かるではないことです。説明などなくても映像を見ればすべての情報が伝わるようにするというのが、映像制作をする上での基本として映像制作をしていくといいでしょう。そうしても、なかなか伝わらないこともあるのです。

わかりやすいというのは最大の武器となる

page top