HOME  >  映像制作とその活用法やメリットについて  >  プレゼンテーション用映像制作のポイント

プレゼンテーション用映像制作のポイント

プレゼンテーションで大切なポイント

プレゼンテーションで大切なポイント

新商品やサービスなどを社内、もしくは取引先などに対してアピールするプレゼンテーションは、企業において非常に重要なものです。
プレゼンテーションで大切なポイントはいくつかありますが、一つには事前にきちんと調査する、ということがポイントとなってきます。
聞き手がどのような考え方なのか、どのような状況に置かれて何を欲しているかといった情報を、事前にリサーチしておくことは、プレゼンを成功させるうえで、必要不可欠です。
言葉だけのプレゼンよりも、スクリーン画面に文字や映像、グラフや図などを映して行うプレゼンのほうが、聞き手にも伝わりやすいでしょう。
現代におけるビジネスシーンでは、プレゼンにスライドを用いることは珍しいことではありません。
言葉だけでなく、目で見える映像にして聞き手に訴えかけていくのがポイントです。
画面に映された映像を目にすることで、より内容が頭に入ってきますし、聞き手のさまざまな欲求を掻き立てることもできるでしょう。

印象に残るプレゼン映像制作

印象に残るプレゼン映像制作

現在のプレゼンテーションでは、プレゼンテーション用の映像制作を行い、プレゼンに挑むことも珍しくありません。
印象に残るプレゼン映像制作を行うポイントですが、文字は左上から右下に流れるように制作することがコツです。
人間の目は左上から右下に見て認識するといわれていますし、スライド画面なども、このような流れで作ると効果的だといわれています。
また、プレゼン映像制作では画面をごちゃごちゃさせないことも大切です。
一つの画面に文字や映像、画像がたくさん詰め込まれてしまうと、聞き手の頭にも入りにくくなってしまいます。
また、伝えたい情報を写真やイメージ画像で入れてあげると、より効果的です。
自分のエピソードなどを織り交ぜるのも、プレゼンテーション用映像制作では大切なポイントとなるでしょう。
印象に残るプレゼン映像制作を心がけてください。

page top