HOME  >  映像制作とその活用法やメリットについて  >  営業用の映像を制作する時のポイント

営業用の映像を制作する時のポイント

最後まで見てもらえるようにする

過去の実績は重要な要素

動画を作っても、最後まで映像制作を見てもらえないと意味がありません。
何かをアピールしたいのであれば「面白そう!」「なんだこれ!」「これを買ったら、話題になれるかも!」と思うような、見ている人をひき付ける魅力的な商品のプロモーション動画でなければなりません。
イベント用に作った映像や、その他の目的に作った映像を使いまわすのではなく、きちんと営業用の映像を作った方がいいでしょう。
営業用の映像制作だからと言っても手抜きをすることは許されません。
手抜きをすれば、最後まで映像を見てもらえない可能性もあります。
最後まで見てもらうような動画を映像制作することが、契約にもつながっていくのです。

見る人の興味を引き付けるには

技術力が高い会社を選ぶ

営業用の映像制作で、見る人の興味を引き付けて離さないものにすれば、その後の商品のプロモーションもスムーズにいくでしょう。
まずはストーリー性を持たせることが大事です。
ストーリー仕立てにすれば、多くの人が興味を引き付けられます。
ただし、興味をひかれるような展開にしなければ意味がありません。
昔話のような決まりきった展開であれば興味も引かれませんし、途中で見るのをやめたい気分になってしまいます。
「え!」「それからどうなるの」と思わせるような展開の、ストーリーのある映像制作をすれば完璧です。
コマーシャルなどを見ても、わざと何の事だかわからないようにしたものがありますが、営業用の映像制作の場合にはわかりづらさは必要ありません。
一瞬で何の営業の映像化したものなのかが、わかることが重要なのです。
文字やナレーションを連動させて、一瞬にして何のことをアピールしているのか、わかりやすくする方法もあります。
流れの中で、途中くすっと笑える部分があってもいいでしょう。
単調な展開ではなく、笑える部分があれば、興味をさらに惹かれますし、魅力的な映像だと感じられ、印象にも残ります。
最後まで見たけど、何のことを言いたいのかさっぱりわからなかった、頭に残らなかった、結局何をアピールしたいのかわからなかった、という結果になっては失敗です。
営業用であれば、わかりやすさが最大のポイントといえるでしょう。

page top