HOME  >  映像制作とその活用法やメリットについて  >  その見積り大丈夫ですか?映像制作の妥当な金額とは

その見積り大丈夫ですか?映像制作の妥当な金額とは

映像制作の金額はまちまち

映像制作の金額はまちまち

企業のプロモーション用映像を作ってほしい、企業紹介のための映像制作を依頼したいと考えている企業も少なくないと思いますが、こうした法人向け映像制作における金額は制作会社によってまちまちです。
100の映像制作会社があれば100通りの見積金額があると考えても良いでしょう。
制作会社によって見積り方法そのものが異なりますし、強みや特徴、コンセプトなども違っています。
どれほどの人件費を割くのか、どのような機材を使っているか、企画にどれくらいの時間をかけるのかといった部分でも映像制作における金額は違いを見せてくるのです。

機材などのコストと人件費

機材などのコストと人件費

映像制作にかかる金額を左右するのは機材などのコストと人件費です。
映像を制作するためには、さまざまな機械を使用することになりますし、どのような機械をどれだけ投入するかによって価格が変わってくるのは珍しいことではありません。
また、映像制作の金額をもっとも大きく左右するのが人件費でしょう。
人件費はもっとも大きなウエイトを占める部分ですし、ここが制作料金に大きく関わっています。
技術スタッフの技量によっても変わってきますし、どれだけの人が制作に関わるのか、作業にどれくらいの時間を要するのかといった部分で変わってしまいます。

金額だけで判断するのは危険

金額だけで判断するのは危険

少しでも安くプロモーション映像を制作してもらいたい、と考える方もおられるでしょうが、料金だけで制作会社を決めてしまうのはリスクが高いです。
先ほどご説明したように料金が変わってくるのは当然のことですし、変わってくるだけの理由があります。
安い高いだけで判断するのではなく、どこにどれくらいのお金が使われているのか、どこに大きなウエイトを占めているのかという部分を重視しなくてはなりません。
その上で料金プランや過去の実績、技術スタッフの技量などトータルで判断して制作会社を決めるというのが基本になります。

page top