HOME  >  映像制作とその活用法やメリットについて  >  社員研修のための映像制作について

社員研修のための映像制作について

社員研修の重要性

社員研修の重要性

社員教育を行っている企業は非常にたくさんあり、もはや社員教育がなされない企業は淘汰されていく時代でもあります。
社員教育の必要性を認識していない企業は、どれだけ優秀な社員を採用したとしても成長の機会が与えられず不満が溜まり辞職されてしまうでしょう。
また、企業理念や企業風土が浸透せず、企業としての価値観の統一も図れません。
例えば、やる気があってどんどん仕事をしたいと思っている人と、やる気も能力もなく時間を無為に過ごしている人が同じ給料をもらっていたとしたら、やる気のある人のモチベーションは保たれないでしょう。
その結果、優秀な人材ほど辞職していく企業になってしまうのです。
確かに忙しい時間を縫って社員研修を行うのは骨でしょう。
社員研修の重要性を認識しながら実践できていない企業は、映像制作を行うことをおすすめします。

社員研修の映像制作のメリット

社員研修の映像制作のメリット

社員研修は通常、社員を一か所に集めて講義を行われます。
当然、社員数が多ければ多いほど一堂に会する時間は作りにくくなり、全員が揃って同じ研修を受けることはまず不可能でしょう。
しかし、映像制作をすればそれが可能となります。
映像は何度再生しても同じ内容が繰り返されますから、全く同じ研修内容を視聴することが可能です。
これにより、言葉の機微まで正確に社員に伝えることができます。
さらに、社員研修の映像を一本作っておけば、忙しい社員がそれぞれ時間のある時に映像を見ることができるため、そもそも一堂に会する必要さえないのです。
研修の内容にもよっては、会議室や講堂などでパワーポイントを使って口頭で説明されるよりも、実際に外に出て実践している様子を交えながら説明したほうが、わかり易いシーンも出てくるでしょう。
映像制作ならロケ映像を組み込むことで、文字や写真だけのつまらない講義ではなく、社員の興味を引きやすい研修にすることが可能です。
社員研修の映像制作にはメリットがたくさんあります。
大規模で忙しい会社だからこそ、社員研修に映像を取り入れてみてはいかがでしょうか。

page top