HOME  >  映像制作とその活用法やメリットについて  >  マニュアルは映像化すると分かりやすい

マニュアルは映像化すると分かりやすい

マニュアルを映像化するにあたって

マニュアルを映像化するにあたって

紙媒体のマニュアルは、白黒で文字がぎっしりと並んでいるイメージを持たれていることでしょう。
マニュアルを同梱している商品については、購入者にその商品を使用する前に、マニュアルを読み、正しい使い方を理解した上で、使用して頂きたいという思いが少なからずあると思われます。
しかし、生産者の思いとは裏腹にマニュアルを読むことなく、商品を使用している商品購入者が多いことも事実です。
マニュアルを読まない理由として考えられるのは、読むのが面倒、読んでもわからないという点です。
その結果、説明書をよく読めばわかるような事柄が、クレームにつながってしまうこともあります。
マニュアルを映像化すると、紙媒体の取扱説明書ではできなかった動きと音声によって、劇的にわかりやすくかつ短時間で理解できるようになるのです。

よりわかりやすいマニュアルの映像制作のポイント

よりわかりやすいマニュアルの映像制作のポイント

マニュアルの映像制作のポイントは、ずばり、動きと長さです。
動画の長所は、実際に商品を動かしている映像を見せることができる点にあります。
紙媒体のマニュアルは、文字を読んで、どのように動くか想像して、理解するという3ステップ必要ですが、動画なら映像を見て理解するだけで済むのです。
いくら素晴らしい機能があったとしても、使ってもらわなければ商品満足度は上がりません。
商品購入者は、「説明書を読むための労力」と「その機能が使えないデメリット」を比較するものです。
マニュアルの映像化は、「説明書を読むよりも使えないほうがマシ」と思われていた人の満足度の上昇に役立つことでしょう。
長さについては、マニュアルを映像化するデメリットを考慮した長さがポイントになります。
紙媒体の説明書は一発で目当ての項目を読むことができますが、長い動画マニュアルだといちいち早送りや巻き戻しをしなければならなくなってしまうのが難点です。
そのためマニュアルを映像化するときは、ひとつの動画に対してテーマは一つに絞り、できるだけ短く分けた方が、わかりやすくなります。
マニュアルの映像制作は、視聴者の立場でわかりやすさを第一に置くことが重要です。

page top