HOME  >  映像制作とその活用法やメリットについて  >  HP用の映像を制作するポイントとは?

HP用の映像を制作するポイントとは?

ウェブ用動画にも種類がある

ウェブ用動画にも種類がある

ウェブ動画は、Youtubeなどの動画サイトで情報を発信する以外にも、様々なところで活用されています。
また、企業や企業が売り出す商品・サービスなどをPRするためのPR動画のほかに、動画コンテンツそのものから広告収入を得る収益動画もあります。
一口にウェブ動画と言っても、そこには様々な種類があるのです。
今回主題となるHP用の動画は、企業のホームページ内に掲載されるコンテンツの一つという考え方であり、ほかの動画サイトで配信されるPR動画や収益動画とは似て非なるものと考えられます。
ちなみに、日本語で使用されている「ホームページ」には様々な意味を含んでいるため、こちらでは、企業のウェブサイト全体を指していると定義させてください。
HP用の映像制作は、「ホームページを訪れた人が見る」という点がポイントとなってきます。

HP用の映像制作のポイント

HP用の映像制作のポイント

企業のホームページを訪れたという時点で、企業、あるいは商品・サービスに対する興味はあると考えて良いでしょう。
その一方で、ホームページ内の動画コンテンツを改めて見たいと思う人は多くありません。
HP用の映像は、説明的でつまらないというイメージが根付いているからです。
動画を最後まで見せるには、最初の時点で「このHP用動画は面白い」を思わせることがポイントでしょう。
さらに言えば、HP用の動画に商品の説明は最小限でいいかもしれません。
なぜなら、ウェブサイト内に商品情報はすでに掲載されているからです。
動画は極力文字では伝えられないことだけに絞り、要点だけをまとめたほうが効果的と言えるでしょう。
通常の映像制作では、映像で伝えきれないことを文字にしますが、HP用の映像制作では文字で伝えられないことを映像にするという感覚です。
例えば、家電製品なら使用中の様子、化粧品ならメイクのポイント、保険サービスなら実際に加入している人のインタビューなどでも良いでしょう。
すでに、ある程度興味を持って訪れている視聴者は、文字情報以上の情報を得ることで、さらに購入意欲が高まるはずです。

page top