HOME  >  映像制作とその活用法やメリットについて  >  イベントに欠かせない映像による演出

イベントに欠かせない映像による演出

企業が行うイベントと映像の目的

企業が行うイベントと映像の目的

イベント、と一口に言っても様々なものがあります。
企業内のみで行われる企業イベントには、講演会やセミナー、忘年会や運動会などの年中行事があります。
社外に向けたイベントには展示会や企業説明会、製品PRイベント、そして株主総会などもイベントの一種です。
いずれにしてもイベントでは映像が大活躍します。
映像は口頭で説明するよりもずっとわかりやすく、見るだけで何が言いたいかが伝わる便利な媒体です。
楽しむ場にしても、何かを伝える場にしても、映像の演出は欠かせないのです。

企業の利益に直結するイベント映像

企業の利益に直結するイベント映像

社外に向けた映像で企業の利益と関係のないものはほぼありませんが、中でも特に利益に直結しやすいのが展示会や製品PRイベントです。
テレビCMやチラシなどでは伝えることができない、実物を見て触れて体験できる場はそう多くはありません。
展示会がきっかけで大きな取引ができたという企業も多いことでしょう。
しかし実物を間近で見てもらうためにはまずは興味を持ってもらう必要があります。
そのためには遠目から見てどんな製品を扱うブースなのかわからなければなりません。
興味がなくても遠くから見た映像が面白そうなら、製品を体験してみたいという欲求を掻き立てることもできます。
担当者が呼び込んでも良いですが、口頭だけでは伝わりにくい部分も多く、大きな声を出すのにふさわしくない展示会やブランドイメージの場合でも映像は大変有利になります。
さらに、映像制作はブースの担当者を減らすことにも繋がります。
なぜなら、映像が効率の良い説明を常に行ってくれるため、製品について解説できる人の配置が最小限で済むうえ、実際に製品を使ったらどんな風に毎日が素敵に変化するかといった、未来までイメージさせることができるのです。
口頭での説明や一回体験するだけではイメージが伝わりにくい製品なら尚更映像制作の必要性は高まるでしょう。
どんなイベントでも映像を上手く活用できればより効果を高めることができます。
クオリティの高い映像制作でイベントを成功に導きましょう。

page top