HOME  >  映像制作とその活用法やメリットについて  >  映像制作による動画マーケティングは集客のスタンダード

映像制作による動画マーケティングは集客のスタンダード

動画マーケティングとは?

動画マーケティングとは?

動画マーケティングとは、店舗や企業のホームページ上に動画コンテンツを貼り付けたマーケティングのことです。
この動画マーケティングは、いまや集客のスタンダードとなっています。
インターネットの発達によって、誰もが今自分に一番必要であるもののキーワードを入れるだけで、様々な情報を得ることができるようになりました。
企業説明や商品紹介、サービス内容の説明などは、文章だけでなく動画を制作し、ホームページに載せておくことで、わかりやすくユーザーに伝えることが出来ます。
特に動画は、文章や静止画の何倍もの情報量があるだけでなく、インパクトのある映像と印象に残る音楽やサウンドエフェクトを使用することで、ユーザーの視覚と聴覚の両方に訴えかけることが可能なので、共感も得やすいと言えるでしょう。
こうしたことで訴求力を高め、集客率アップも狙えます。

集客のスタンダードとなった動画マーケティングのメリットとは?

集客のスタンダードとなった動画マーケティングのメリットとは?

集客のスタンダードとなった動画マーケティングのメリットとして一番に挙げられるのは、テレビコマーシャルやポスターなどと違って、一方的に情報を不特定多数の人に配信するのではなく、必要としている人の検索ワードによって見られるため、ターゲット層や見込み客にピンポイントで訴求できることでしょう。
自分に何も関係のない映像を一方的に垂れ流しされるよりは、興味のある内容の映像を自ら進んで見る方がずっと効果的といえるからです。
しかも、動画マーケティングはテレビコマーシャルなどと比較してもかなりリーズナブルなので、取り入れやすいでしょう。
そしてインターネットで話題になったり、共感してもらえたりするような動画であれば、SNSなどを通じてシェアされて、拡散していくことも期待できます。
拡散される先もターゲットに近い層であることも予想されるため、映像制作による動画マーケティングの費用対効果は大きいと言えるでしょう。

page top