HOME  >  映像制作とその活用法やメリットについて  >  新卒採用向けの映像制作で説明会の魅力度を高める

新卒採用向けの映像制作で説明会の魅力度を高める

新卒採用向けリクルート動画で企業のイメージをアプローチ

新卒採用向けリクルート動画で企業のイメージをアプローチ

最近の就活では学生たちはまず、インターネットからある程度の情報を得るでしょう。
受けたいと思う企業のホームページを見て、会社の業務内容や雰囲気を感じ取って、説明会へと足を運ぶことになるのです。
ホームページの内容が第一印象になると言っても過言ではないため、どの企業もホームページに力を入れています。
ただ、静止画であると伝えられる情報に限りがあるため、映像を載せている企業が多いようです。
学生にとっても企業にとってもある程度、説明会前に映像で会社の雰囲気や仕事内容などをホームページに挙げておくことで、無駄足になったり仕事を増やしたりすることがなくなるでしょう。

会社説明会で魅力を高められる

会社説明会で魅力を高められる

会社説明会の時間は、だいたい1時間~1時間半くらいの間の企業が多く、会議室などで行われます。 そこで、責任者や人事担当者が会社の理念や業務内容、会社の雰囲気をいくら口頭で説明しても、100%伝えることは不可能でしょう。
説明会の中で企業の動画を流すことで、わかりやすく理念や業務内容を説明できます。 それと同時に、説明会ではわからない社員の働いている姿や、社内の設備、環境を見せることもできるので、実際働いている自分というものもイメージしやすくなり、「こんな会社で働きたい」「こんな仕事やってみたい」と学生に思わせることも可能です。
会社説明会も何回も行う企業も多く、毎回必ず同じ説明会にはならないでしょう。
出席した回の説明会次第で、全く違う印象になってしまう可能性もあります。
しかし、新卒採用向けの映像を使用することで、イメージや理念、会社の雰囲気といった、基本的な情報に関しては、きちんと伝えることが出来るでしょう。
そして、映像の内容が良ければよいほど、企業の魅力を高めることもできます。
まだ、社会に出でいない学生にとって、その会社の良さを知るには、わかりやすいリクルート動画を制作し、会社説明会で流すという方法がベストであるといえるでしょう。

page top